LIXIL不動産ショップ すまラボ > LIXIL不動産ショップ すまラボのスタッフブログ記事一覧 > 不動産は”負動産”ではないということ

不動産は”負動産”ではないということ

≪ 前へ|すまラボTシャツ 2020’夏   記事一覧   Coming soon!!|次へ ≫
カテゴリ:不動産の話
よく、不動産が"負動産"になってしまって困っているということを耳にします。

特に鳥取のような地方に不動産を所有されていらっしゃる方は、困っている方も多いのではないかと思います。

でも少し待ってください、それは本当でしょうか?
鳥取には鳥取で、色々なニーズで不動産を探している方がいらっしゃいます。

どうしようも出来ないこともあるかもしれませんが、条件次第では欲しい方がいらっしゃるかもしれません。

相続していないし…とか、ほったらかしにしてしまっているし…とか、
もうこのままにしておくしかないかなと思っても、まずは一度相談してみて下さい。

withコロナのこの状況でも、鳥取でお家をお探しの方はいらっしゃいます。
例えば、古民家を探している…、費用を抑えられる物件を探している、
少し離れた場所でもいいから環境のいい広い家を探している…

まずはお持ちの物件を、市場に出して見られることをおススメします。

長期戦になってしまいましたが、すまラボでも今回大切なオーナー様のお家を2件ご契約頂く予定です。

オーナー様は大変お待たせしてしまいましたが、こうして次の方が喜んで住んでくださるということは、
不動産という大切な資産を残して下さった先代の方々も報われていくことなのではないでしょうか?

私たちのお仕事は不可能を可能にすることは出来ません。
でも、可能に近づけるお手伝いをすることは出来ると思います。

どんな些細なことでも構いません。
どうぞお気軽にご連絡下さい。
そして私は、最後まで諦めません。

諦めない女です。


※浦富海岸の夕日 
 鳥取にはこんな絶景があるんですよ☆




≪ 前へ|すまラボTシャツ 2020’夏   記事一覧   Coming soon!!|次へ ≫

トップへ戻る