LIXIL不動産ショップ すまラボ > LIXIL不動産ショップ すまラボのスタッフブログ記事一覧 > 建物状況調査

建物状況調査

≪ 前へ|写真アップしました   記事一覧   オープンイベント|次へ ≫
来年4月から宅建業法が改正されますが、
売主側が建物状況調査を依頼するイメージはできていましたが、

買主側からも依頼ができるんですね!
買主からの依頼の場合は買主負担で調査するのはしょうがないとして、
売主の同意が必要になるわけですが、、、

これって、結構厳しい気がします。
特に、売主買主が違う不動産業者の場合。

「この物件欲しいけど、建物状況調査していないから、不安なのでして欲しいな?」

と依頼された場合、買主側の不動産業者が売主側の不動産業者に問合せすることになりますが、果たして「良いですよ」と言ってくれる業者が何件あるだろうか?と思ってしまいます。

不動産はまわしてナンボですから、
「早く売りたいのに、検査しろって言われても検査に時間かかるし、その間に欲しい人が来ても売れないし、悪い結果が出た場合この人買わないだろうしな?」
という心理の元、受け付けないんじゃないか?と思ってしまいます。

売主に対して義務化すれば、問題ないのでしょうが、購入希望者からの依頼も間違いなく出てくるであろう状況の中、対応が難しいような気がします。

さて、すまラボでは、自社に既存住宅状況調査技術者がいます。

ただ、自社で売る物件を自社で検査する場合、依頼者の「同意」が必要になります。

すまラボでは、気になる物件が出た場合、その物件が空家ならすぐに検査ができます。また、はっきり言って、簡易の検査をするだけでだいたいの状況はつかめますので、その時点でこの物件は買いですよ!やめましょう。と提案できます。

ので、気になる物件が出ましたら、「LIXIL不動産ショップ すまラボ」へご連絡下さい。

次回は、個人間売買瑕疵保険 引き渡し後リフォームの注意点をお話しします。

店長


≪ 前へ|写真アップしました   記事一覧   オープンイベント|次へ ≫

トップへ戻る